ホーム » 考えておくべきリスクとは

最近のコメント

    カテゴリー

    考えておくべきリスクとは

    社会人になってみたものの、イメージと仕事内容が違っていたり、職場内の人間関係でうまくいかなかったりすれば、人はその職場に留まるのがよいのか、それとも転職した方がよいのか悩みます。順風満帆で仕事に取り組めているのなら転職などは考えることもなく、一生その仕事で定年を迎えたいと考える人がほとんどです。しかし、いろんな人々と接点を持って仕事に取り組んでいくのが普通ですから、一筋縄ではいきません。
    もし、今の仕事を辞めて新たにどこかに就職する場合に考えておくべきリスクとしてはどのようなものがあるのでしょうか。
    まずは給料ですが、今までの職場と新たに就職する先を比較すると、引き抜きなどで仕事を変える以外は給料ダウンの可能性が考えられることです。とにかく今の環境から脱出したいという気持ちが強い人ならば、多少給料が下がったとしても、納得して仕事を変える人も多いでしょう。
    また、人間関係についてもそれなりのリスクがあります。今いる環境が良くない人間関係であったとしても、次の就職先が必ず現状よりも良い人間関係なのかは誰にもわかりません。こればっかりは就職して仕事をこなしてみないとわからないのです。自分では職場に溶け込もうと努力したとしても人の心は不透明な部分ですから、ある意味運と言えるでしょう。
    このように転職するということはある程度のリスクを覚悟をして決断する必要があります。ちょっとの不満であればまずは我慢し、どうしようもなくなった時に転職を考えるべきなのかもしれません。